タバサは強いコ!

タバサの目について。これまで少ししかお話してきませんでしたが、今日はワタシ(我が家)の気持ちを少し書
こうと思います。

異変を見つけた当初、この先タバサがどうなってしまうのかととても不安になりました。
パパママの顔が、しゅうの顔が、美味しいご飯が、お散歩の風景が、大好きなボールが、全て見えなくなってしまう
ことへの不安がとても大きかったのです。もしも自分が盲目になってしまったら。。。と想像すると可哀想で可哀想で
できる事なら治したい、ずっとずっと何もかも今まで通りでいてほしいという思いでいっぱいになりました。

職業柄、白内障がどういったものか人間レベルでの知識が多少ありましたが、犬については素人、犬の白内障の体験記や、
眼科に力を入れている獣医さんのHPを見たりして私なりに調べた結果残念ながらタバサの目を元通りにする
のは大きな賭けであり、ワンコへのストレスもとてもかかることがわかりました。
色々な情報を得るたびにパパへ報告。治療をするべきか、どこまでするべきか何か答えになるようなことを言ってはくれ
まいかと期待していました。
しばらくは黙って聞いていたパパがある日こう言いました。

別に、見えなくてもタバサは大丈夫なんじゃない?

「何かしてあげなくちゃ」と必死で思っていたその時のワタシにとってはない選択肢でした。
タバサの目が見えなくなったら。。。。。
パパの言葉を胸に見えなくなったタバサや治療を頑張ることなどいっぱい想像し、考えて考えて出た結論が
「タバサの目が見えても見えなくても私たちには何の変わりもない」
ということでした。

最近ワタシは「犬は今日しか生きていない」と思っています。明日を目標に頑張るのも人間なら明日を悲観して悲しむの
も人間だけなんだろうなって。
だったら今日を楽しく、今日を優しく、今日を幸せに暮らして欲しいと思います。
そしていつの日かその日がきた時にはその時にタバサが一番幸せであるように今まで通り楽しいことを見つけていけばいいと。
今現在、タバサは少し目が見えずらい状態なのだと思います。でも、ボールも追うしお散歩も問題ないし生活に全く支障があり
ません。そうです、痛くも痒くもないのです。辛いことがあるなら取り除くよう努力します。でもタバサはきっと今幸せなのです。
ということで、我が家は目の治療をしないことに決めました。もう点眼もしていません。
ワタシは今どんなタバサでも大丈夫と自信を持って言えるのです。

いつか来るかもしれないその時、ワタシはタバサの目になろうと思っています。
タバサが怖くて歩けないというならば喜んで抱っこでお散歩するし、ご飯が食べられないというなら喜んで食べさせてあげます。
ボールで遊びたいなら手元や口元まで持っていって満足できるように遊ばせてあげます。
何でもしてあげます。

だけど、
きっとタバサはその時そんなワタシを望まない気がしています。
きっと自分で自分なりの方法を見つけていくのだと思います。
普段怖がりなふりをしていますが、本当はとても負けず嫌いで何でも自分でできる子です。
きっとワタシやパパ、しゅうをビックリさせてくれると信じています。

e0122373_115317.gif

Swablogはこれからも続いていきます。
どうぞ皆さんもタバサのこれからを楽しみに見守ってやってください。タバサははみなさんを裏切りません!ゼッタイ(笑)
[PR]
by swabydog | 2009-09-22 12:06 | わたくしごと | Comments(16)
Commented by Fuuママ at 2009-09-22 13:26 x
こんにちは♪久々のコメントになってしまいますが
昨日は、お疲れ様でした。
終盤、バタバタしてしまいご挨拶もきちんとできないままですみません><
タバサちゃんのこと、うちにもハンデを抱えている子がいるので
とても良くお気持ちわかります(涙)

我が家のポッキーは、難聴なので呼んでも聴こえないし
小さい頃はいつも一人でぽかーんとしていました。
この先ずっとこんな状態でかわいそうだなと私は悲観しておりましたが
他の子の行動を見たり、人間の動き、とりわけ手の動きをよく見て
行動する方法を覚えました。
聴こえない分、突然ワンちゃんが寄ってきたりすると
びっくりしてワンと吠えてしまうので
ドックランも含め、イベントなどには参加させないでいました。
Commented by Fuu at 2009-09-22 13:26 x
ところが試しにやってみたDTR・・・
輝くような目で、他へのワンちゃんを見てキョロキョロしています(笑)
そして、旦那の大きな手のふりめがけてとても楽しそうに走っています。
はじめて参加した時の、ポッキーのうれしそうな様子は今でも忘れられません。
ポッキーがDTRに参加するたびにたくましくなっていくような気がします。
家でもけんかひとつしなかったポッキーが、チャオに挑むようになったり
いたずらするようになったり、大胆な行動を見せたり
日々成長していっているような感じがします。
「ダメだ・・・できない・・・かわいそう」と思いこんでいた私達は、反省です。
Commented by Fuuママ at 2009-09-22 13:28 x
結局は、人間の心の問題なんでしょうね!
かわいそうだからと思ってしまうと、そう見えてしまうのでしょうね><
ママさんがおっしゃるように、自分で自分なりに幸せである方法を精一杯見つけてくれると思います。

イベント会場での「ママ早く遊ぼうよ~」と言わんばかりの
タバサちゃんのジャンピングがすべてを物語っているように思えます。
タバサちゃんにとって、目が不自由したってしゅうくん、ママさんパパさん家族と一緒にいられることが1番の幸せであると思います。

コメントなのに意味わからんことをダラダラと書いてしまい申し訳ありません><しかも3段に亘って(爆)
最後に、P&Gでは我が家にとってタバサちゃんはいつまでも目標であり
もちろん仲間でもあると思っているので、これからも応援していますよ!!!
Commented by rikichild at 2009-09-22 16:07
ほんと、タバサちゃんは強い子だし、
これからもずっと家族に囲まれて幸せなんだと思いますよ~。
タバサちゃんは少し見えにくくても、きっといつも通りのタバサちゃんで、
ママさんの心配な様子を見て、逆に「どうしたの?」って思ってるかも。
ちょっと見えにくくったって、皆の笑顔やしゅうちゃんの様子はわかるしいつも通りのとっても幸せな毎日なんでしょう。
これからもしゅうタバちゃん達の日記、楽しみにしてますね。
Commented by おひさま野原のたんぽぽ日記1 at 2009-09-23 09:26 x
タバサちゃんは、きっといつか見えなくなってもボール投げすると思いますよー。野原は、まっくらな原っぱで、においでボールを捜しながら、何度でもボールを持ってくるし、押入れでも、お風呂場でも、どこにボールをかくしても、そのドアの前でおすわりして待っているので、ボール好きの犬にとって、ボールのにおいは、とっても強烈なんですね。どこにとんでいったのか音でわかるようにすずをいれたり、光はわかるだろうから、暗い中で光るボールでやったりと、人間も介護グッズじゃないけど、いろいろ工夫したりして、タバサちゃんも、視力のおとろえと反比例して、どんどん嗅覚や聴覚がすぐれてきて、しゅうたばままみたいに、どこまでも一緒にって思っている人間と暮らしていさえすれば、なんだかんだいって楽しい生活が最後までおくれるような気がします。
Commented by おひさま野原のたんぽぽ日記2 at 2009-09-23 09:35 x
うちは、生後半年から歩くときに後ろ足がびっこをひくようになり、獣医さんにみせたら、ひざのおさらが浅いので、時間とともにだんだんじんたいがのびていって、最終的には歩けなくなるといわれました。手術もあるけれど、とっても難しくて細かい手術で、犬にもとっても負担がかかるということで、今できることは、とにかく運動して筋肉をきたえて、関節に少しでも負担がかからないようにすること、ということでした。
Commented by おひさま野原のたんぽぽ日記3 at 2009-09-23 09:35 x
さんぽとボール投げしか人生にない野原が、歩けなくなったら、彼の人生ってなんなんだろうって思って、いろいろ調べて、さんざん心配して、結局今は、筋肉をつけるようにいっぱい散歩して、ボール投げできるうちに、たくさんボールなげしてあげて、筋肉と関節が育つようにおいしい栄養ごはんを作ってあげる、そして歩けなくなってから困る、ということに決めました。だってどっちみちそのずっと前に別の理由で死ぬこともあるし、それは明日かもしれないし。それを決めてからは、私もしゅうたばままみたいに、野原は今日は生きていて、今日は元気。と考えるようにしています。だから、ボールなげめんどくさいから明日で、とか、散歩つかれたから明日で、といわないように、と心がける日々です。タバサちゃんも今日元気でよかったね。
Commented by めるもママ at 2009-09-23 11:56 x
タバサちゃんの目。
以前に記事にしてて、あれから、ずっとこのお話をされることがなかったから、どうしたのかな?と気になってました。

点眼もやめたの?
タバサちゃんママさん、答えを出したんですね。

私の先代のワンコも見えてなかったお話をしたと思うんだけど、
見えないのに、
本当にわからないぐらいに普通に生活をしてました。

先代のワンコは、気が強くって、負けず嫌いで、さびしがり屋で、性格はめるもよりはるかに”我が侭”でした。
その”さくら”(先代のワンコ)で、さえ、出来たから、
おりこうさんのタバサチャンには、
絶対に出来ると思います。

タバサちゃんのこと、めるもママもその”ビックリ”を信じてますよ。

Commented by swabydog at 2009-09-24 09:04
>Fuuママ
日曜日はお疲れ様でした。ヒメちゃんおめでとうございます^^
そうですね、Fuuママさんのとこにはポッキー君がいましたよね。
そうですか~、ポッキー君はDTRに行くようになって逞しくなったのですね。きっとすごく自信がついたのでしょうね。
これからが楽しみですね^^
タバサも目だけでなく産まれた時から足に少し障害があったりもするので、Fuuママさんのポッキー君への思いはよくわかります。
でも、欲張りなワタシはいつしかずっとず~っと今と同じようにボール投げができることを望んでいたんだと思います。
人間というのは欲張りでほんとうにどうしようもないですね^^;

P&G、今後はヒメちゃんの時代がやってくるかな☆
ウチもFuuママ一家のことを応援していますよ~^^v







Commented by swabydog at 2009-09-24 09:09
>リキママさん
コメントありがとうございます。
そうなのです。タバサはパパとしゅうのことは召使だと思っているフシがありますが(笑)、ワタシには超優しいので、ワタシが暗い顔をしていたらとっても心配すると思います。
だから心配するのは辞めました。タバサを含めてみんながニコニコしているのが一番健康にいいと思います。

これからしゅうとタバサはシニアと呼ばれる世代になっていきます。
今までよりもっと色々なことが起こるでしょうが、そのつどご報告しますのでこれからもSwablogをよろしくお願いしますね^^
Commented by swabydog at 2009-09-24 09:24
>野原ママさん
おお!ワタシもその考え方は好きです♪そうですね、工夫すれば色々楽しんで遊べますね^^
野原ちゃんは膝蓋骨脱臼があるのですね。
筋肉を鍛えて間接を守るしかないということを色々なところで見聞きします。でも野原ちゃんはいっぱい鍛えていそうなので筋肉ムキムキでしょうね!
ワタシも、「タバサからボールを取り上げられてしまったら。。。」と思ったこともありましたが、今はなんとも思っていません。
タバサが可愛そうなのではなくて、その時に自分が悲しかったり切なかったりするのが嫌だったのかもしれませんね。

Commented by swabydog at 2009-09-24 09:36
>めるもママ
はい、決めました。
色々な考え方があると思います。でもワタシの答えはこうなりました。

点眼はね~、人間もそうなんだけど、犬も同じでね、「気休め程度と考えて下さい。」と先生に言われたし、自分で調べても同じ結果だったの。
だとするとね、ワタシ的には点眼をしていることで気が休まらないし、目のことを忘れられないから止めた(笑)
ま~、すぐさし忘れてしまうっていうのもあったし^^;

そうそう、めるもママのとこのさくらちゃんもそうだったね!
近所のカフェのワンコもそうなんだけど、見えてるとしか思えない動きするし、彼女は店から階段を降りて脱走して商店街をウロついているのをお客さんに保護されてきたりして全然気にしないの(笑)
その他にも盲目らしきワンコを目撃するけどみんな普通に過ごしているの。
動物ってすごいね。タバサもきっとさくらちゃんやワタシが見てきたワンコみたいになれるよ!楽しみにしてて(笑)
Commented by まあちゃん at 2009-09-26 00:32 x
タバサちゃんに目の病気のこと、全然知らなくて。。。
そんな辛いことがあったんですね、ごめんなさい。。。
ママさんもパパさんも色々考えて結果を出せれたのですね。
動物は人間と違って、あきらめないですからね。
生きていくことに一生懸命です。
ママさんの言われる通り、タバサちゃんはきっと強い子です!
ママさんとパパさんの愛情をいっぱいもらって、幸せですね♪
勿論、私もタバサちゃんとしゅうちゃんを応援しています!!

Commented by さえ at 2009-09-27 03:26 x
お久しぶりです。読み逃げばかりでごめんなさい(汗)
タバサちゃんの目のこと、ママさんとパパさんはどんなに心配されたこと
だろうと思います。でも、遅ればせながら今回の記事を読んで、
ママさんの考え方、なんて素敵なんだろと思いました。
具合の悪いところがあったら、不自由があったら、何でもしてあげたい。
私もすぐそう考えちゃいます。でも・・・

>きっとタバサはその時そんなワタシを望まない気がしています。

もうなんだか、涙が出ちゃいました。ママさんはタバサちゃんを心から
信頼しているんだなーって。
タバサちゃん、きっと素敵な「ビックリ」を見せてくれますよね(^v^)
応援してます!!!
Commented by swabydog at 2009-09-29 21:55
>まぁちゃんさん
いえいえ、あまりブログではお話してませんし気にしないでください^^;
そうなのです。動物は何があっても生きることしか考えないですものね。
私はつい擬人化して考えがちになってしまいますが、その点パパは冷静なので違った見方もできて、違った角度からも考えられたのはよかったのかなぁ~と思っています。
私もラムジーちゃんのこと応援してますよ~^^v
Commented by swabydog at 2009-09-29 22:16
>さえさん
わぁ!お久しぶりです!!
こちらこそいつも読み逃げしてしまっていてごめんなさい(汗汗)
タバサの目、発見した当初は正直かなりショックでした。
無宗教な私が神様にまでお願いしたい気持ちでした。

でもパパの意見を聞いたりタバサの姿を見ていると段々と見えなくなったときのタバサがイメージできるようになりました。
その姿はとても前向きで私の力など必要ないほど生命力に満ち溢れています。
ハル君だってイザとなればきっとそうですよ☆

こんなこと言っていても進行が遅ければいいなとか明暗くらいはわかるくらいで止まってくれたらなと思いつつもビックリも見せて欲しいと思ったり母の気持ちは明るく複雑です(笑)
<< シーズン到来 寝。 >>